La Mère 母

日時:2024年5月26日(日)14:00開演(13:15開場)
※上演時間:1時間40分(休憩なし)
会場:山口市民会館 大ホール
作:フロリアン・ゼレール
翻訳:齋藤敦子
演出:ラディスラス・ショラー
出演:若村麻由美、岡本圭人、伊勢佳世、岡本健一

フロリアン・ゼレール“家族三部作”より2作品を同時上演


『Le Père 父』では認知症患者の父の視点から見た世界を、
そして『Le Fils 息子』では思春期の子どもが抱える心の葛藤を描いたフロリアン・ゼレール。
ゼレールが魂を込めて書き上げた家族三部作の最後を飾る『La Mère 母』は、
2010年にプティ・テアトル・ド・パリで初演し、
イギリス、スペイン、南アフリカなど様々な国で上演。
最近ではイザベル・ユペール主演によりブロードウェイで上演されて高い評価を得ました。
全世界が注目する話題作の日本初演!

≪ストーリー≫
アンヌはこれまで自分のすべてを捧げて愛する子どもたちのため、
夫のためにと家庭を第一に考えて生きてきた。
それはアンヌにとってかけがえのない悦びで至福の時間であった。
そして年月が過ぎ、子どもたちは成長して彼女のもとから巣立っていってしまった。
息子も娘も、そして今度は夫までも去ろうとしている。
家庭という小さな世界の中で、四方八方から逃げ惑う彼女はそこには自分ひとりしかいないことに気づく。
母は悪夢の中で幸せだった日々を思い出して心の万華鏡を回し続ける――。


*当日券の販売について
開演の1時間前より、会場ロビーにて販売いたします。

【料金】全席指定
一般 6,000円/any会員・障がい者割引 5,500円/25歳以下 3,000円/高校生以下 1,000円
<「Le Fils 息子」(5月25日)とのセット券>
一般 11,000円/any会員・障がい者割引 10,000円
 *25歳以下、高校生以下のセット券はなし

※未就学児入場不可
※any会員は1作品につき1会員4枚まで
※セット券の販売は5月24日(金)19:00まで
※障がい者割引:障がい者手帳をお持ちの方、同行の介助者1名が対象
※車椅子席:事前にお問い合わせください。
※インターネットでのご予約は公演前日の19:00までとなります。

【プレイガイド】
山口情報芸術センター
山口市民会館
チケットぴあ(Pコード:524-993)
ローソンチケット(Lコード:61999)

【託児】あり(要申込・1人700円、2人目以降500円)
※ご希望の方は、5月18日(土)までにチケットインフォメーション(TEL.083-920-6111)へお申し込みください。


――――――――――――――――――
【子供舞台芸術鑑賞体験支援事業の実施について】
子どもたちが本格的な文化芸術の鑑賞や体験をする機会を作るため、
18歳以下は無料で鑑賞できる取組みを行っております。
詳細は下記よりご確認ください。

交通アクセス

山口市民館 交通アクセス

交通機関利用の場合

新山口駅から
JR山口線乗車、山口駅下車徒歩約15分/タクシー約5分。
防長交通バスかJRバスで中国電力前下車すぐ。

自動車の場合

広島方面から
山陽自動車道防府東ICで降り、国道262号線、県道21号線で山口市街方面へ。県道21号と県道204号の交差点(「進物の大進」目印)を山口市街方面へ右折。700m直進し「市民会館前」交差点を左折し1つ目の信号を右折。その道沿いに駐車場入口あり。
福岡方面から
九州・中国自動車道小郡ICで降り、国道9号線で県庁方面へ。「県庁西門」交差点右折後、2つ目の信号を左折。その道沿いに駐車場入口あり。

山口市民会館アクセス

座席表
山口市民館大ホール座席表